都道府県知事は、産業廃棄物収集運搬業者又は産業廃棄物処分業者が次のいずれかに該当するときは、期間を定めてその事業の全部又は一部の停止を命ずることができるとされています(廃棄物処理法14条の3)。

一  違反行為をしたとき、又は他人に対して違反行為をすることを要求し、依頼し、若しくは唆し、若しくは他人が違反行為をすることを助けたとき。

二  その者の事業の用に供する施設又はその者の能力が施設及び能力に関する基準(14条5項1号又は10項1号)に適合しなくなつたとき。

三  当該許可に付した条件(14条11項)に違反したとき。