産業廃棄物収集運搬業の許可の有効期間

許可の有効期間は、新規及び更新いずれの場合も原則として5年です。ただし、更新の場合は、例外的に7年となる場合があります。

許可の有効期間に関しては、以下の通り定められています(廃棄物処理法14条2項)。

「前項の許可*は、5年を下らない期間であつて当該許可に係る事業の実施に関する能力及び実績を勘案して政令で定める期間ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う。」

*法14条1項の産業廃棄物収集運搬業の許可

そして、「政令で定める期間」は、以下のとおり定められています(施行令6条の9)。

1  新たに許可を受けた者 5年

2  許可の更新を受けた者であつて、当該許可の更新に際し、従前の許可の有効期間において、事業の全部又は一部の停止命令(法14条の3)を受けていないことその他の当該許可に係る事業の実施に関し優れた能力及び実績を有する者として環境省令で定める基準に適合すると認められたもの* 7年

3  許可の更新を受けた者であつて、前号に掲げる者以外のもの 5年

*「優良産廃処理業者認定制度」の適用を受けた場合

更新の申請があった場合の有効期間満了後の許可の効力等

なお、更新の申請があつた場合において、許可の有効期間の満了の日までにその申請に対する処分がされないときは、従前の許可は、許可の有効期間の満了後もその処分がされるまでの間は、なおその効力を有するものとされています(法14条3項)。

そして、この場合において、許可の更新がされたときは、その許可の有効期間は、従前の許可の有効期間の満了の日の翌日から起算するものとされています(法14条4項)。